/ブログ
BLOG

埋没法の違い

Writer: hattori

今回は埋没法の違いについて、ご説明しますね😊

BIANCAには2点留め・4点留め、クロスリンク、BAメソッドの4種類あります。モニター様の写真も交えつつご説明していきますね💖

まず 【2点留め、4点留め】 について

これはシンプルにループを作るのみの方法で、とても一般的な方法です。モニター様の症例がなくて、シェーマのみで失礼します🙇‍♀️💦

☝️このシェーマは4点留めのシェーマです。2点留めはさらに少なく、1ループのみの方法です。

2点留めより4点留めの方が強固です。うっすら二重ラインがある方の補強目的や、幅が広くなく全く無理のない二重ラインの作成の時は2点留めでも可能ですが、ある程度の幅の二重ラインをご希望であれば4点留めか、これからご説明するクロスリンクやBAメソッドがお勧めです❣️

次は 【クロスリンク】 について

☝️こんな感じでループ同士をリンクさせることで、取れにくくする方法です。青い丸は皮膚に針穴を開けている部分です。

こちらが、クロスリンクで二重を作成したモニター様です。

上:術前、中央:術後1ヶ月、下:術後1ヶ月(閉瞼時)

元々は奥二重で、ある程度幅のある二重ラインをご希望でしたので、クロスリンクで行いました😊

このモニター様は同時にグラマラスライン形成(垂れ目形成)を行っています🙇‍♀️

最後は 【BAメソッド】 について

☝️こんな感じで皮膚側に針穴すら作らないので直後からメイクが可能です。

上:術前、中央:術後1ヶ月、下:術後1ヶ月(閉瞼時)

クロスリンクよりさらに糸玉や凹凸が馴染むのが早いかなと思います🤗

まつ毛が上を向いて、ナチュラルに華やかな目元になったと思います🌸

ダウンタイムについてご説明すると😷

腫れは4点留めやクロスリンク、BAメソッドはあまり大きく変わらないと個人的には思います🤔2点留めは操作が減るので少し腫れにくいかもしれません。

どの方法も1週間程度で半分以上の腫れは引きますが、寝起きでもむくみ感がなくなるまでは早くても1ヶ月程度はかかると思います。

その点、BAメソッドは針穴がないので直後からメイクが可能です。そのため腫れや、万が一の内出血の時もメイクで隠しやすいとは思います😊

少し似たような手技ですが、 【MT法】 という方法があります😊

MT法は埋没で二重ラインを作ると同時に、目の開きをよくする方法です。

ダウンタイムは☝️の埋没法たちとあまり変わらないです。

どのような方にオススメかというと、

黒目にまぶたがかぶさり気味になってしまってる方です。

眠たそう😪とか目つきが悪い😕などの印象を持たれやすかったり、

無意識に眉毛を上げて目を開けるクセが強いことが多く、その結果、額の横ジワが同年齢の方より深くなりやすいです😥

どれか思い当たるものはありましたか?

MT法の適応は自分での判断が難しいので、カウンセリング時にご相談して治療方針を決めましょう😊✨

以上、今回は二重埋没法の糸の掛け方の違いについてご説明しました💗

INSTAGRAM
/インスタグラム

電話予約
WEB予約
LINE予約
SHOP
表参道院へ