眼瞼下垂切開法

<p>目元のお悩みは、二重まぶた(二重瞼)、目の大きさ、形、位置、目元のクマ、たるみ、シワ、まつ毛など様々です。元の状態や年齢によっても必要なアプローチは様々です。外科施術だけでなく、切らない非外科施術を含めてそれぞれのお悩みに合わせて適切な施術を提案いたします。当院ではBIANCA METHODS(ビアンカメソッド)という独自の熟練技術と施術方法を用いて患者様の理想を叶えます。</p>

二重まぶた
目の大きさ・形・位置
目の上たるみ・くぼみ

眼瞼下垂切開法は⽪膚を切開し、⽬を開ける筋⾁(眼瞼挙筋)を短縮することで⽬を開き易くする⼿術です。
挙筋腱膜前転法と呼ばれる術式で行います。上瞼の二重のライン上を切開して、目を開ける挙筋と呼ばれる筋肉、または、腱膜といわれる挙筋と瞼をつなぐ部分を短縮させ、目の開きを大きくし、且つ重瞼(二重)を作ります。
皮膚のたるみや脂肪を取る際は、たるみ取りの併用がおすすめです。

眼瞼下垂とは、目を開ける筋肉(眼瞼挙筋)がゆるんだ状態を言います。すなわち、目が開けにくくなるため、それをカバーしようとして眉を挙げる筋肉(前頭筋)を無理に使ったり、顔を上げて物を見るようになったりします。上瞼の開きが悪く⿊⽬が隠れる、眠そうに⾒える、⽬つきが悪い状態です。眼瞼下垂切開法は瞼を切開して眼瞼下垂特有の症状を改善することが可能です。
視野障害があるなど、症状によっては保険適応の場合もありますのでまずはカウンセリングにお越し下さい。手術後も、たるみによって二重幅が狭くなるなど、加齢による変化は引き続き起こります。

眼瞼下垂切開法

治療の特徴

眼瞼下垂切開法は、瞼を切開するため眼瞼下垂の症状改善とともに半永久的な二重になるのが特徴です。

脂肪で厚い瞼でも施術ができる、切開するので一度で複数の施術を同時にできることも切開手術のメリットです。

眼瞼下垂が改善されると、頭痛や肩こり、全⾝の疲労感も緩和されます。
術後は腫れやむくみがあり、一時的に二重の幅が広すぎる・左右差が生じる・ラインが強く食い込むなど 希望と異なると感じることがあります。約3~6 ヶ月で仕上がり落ち着きますのでご安心ください。傷の赤みも数ヶ月で徐々に目立たなくなります。

こんな人におすすめ

目力をアップしたい

目の開きが悪く、眠そうに見える

目を開けると額にシワがよる

眼瞼下垂を治したい

半永久的な二重にしたい

頭痛や肩こりがある


効果・メリット

視界が良くなる

目がぱっちりする

頭痛や肩こりの改善にもなる


治療の流れ

医師の診察・カウンセリング

デザイン

施術


ダウンタイム

⼿術時間

約60分

抜⽷

1週間後

⿇酔

点眼⿇酔+局所⿇酔

シャワー

当⽇より可能

内出⾎

10⽇程で消退(個⼈差あり)

腫れ

強い腫れは1~2週間程度(個⼈差あり)

メイク

抜⽷翌⽇から可能

料金

眼瞼下垂切開法 498,000円(税込547,800円)

症例写真

上:術前 下:術後2ヶ月 眼瞼下垂手術(腱膜固定)¥547,800 目頭切開        ¥272,800 🏥リスク・副作用(起こり得る可能性のあること) 感染、腫れ、内出血 瞼の違和感 二重・開きの左右差 閉瞼不全、ドライアイ 三白眼、逆さまつ毛、複視

上:術前 下:術後3ヶ月 💴眼瞼下垂切開法 498,000円 💉麻酔: 局所 😷DT: 腫れ・内出血 2週間程度 🏥抜糸: 1週間後 ⚠️リスク: 拘縮・左右差・感染・瘢痕など

Q&A・注意事項

Q.

埋没法と切開法どちらを受ければよいかわかりません。

A.

眼瞼下垂の治療法は、症状の度合いによって変わってきます。症状が軽い場合は「埋没法」、重度な場合は「切開法」が適応です。患者様に合った治療法は、診察にて目の状態を確認してからご提案させていただきます。

Q.

元に戻ることはありますか?

A.

元に戻ることは基本的にございませんが、術後半年間はまぶたをこすったり、強くひっぱたりすると戻る可能性も0ではありません。

Q.

どのくらいで安定しますか?

A.

状態が完全に安定するまでは約6カ月程度要します。

Q.

腫れはどのくらい続きますか?

A.

おおまかな腫れは1ヶ月程度で落ち着き、完全に腫れが引くのは3~6ヶ月以上経過したくらいです。

Q.

マツエクをしたままでも手術は受けられますか?

A.

付いたままでも施術はできますが、術中に取れてしまうことがありますので予めご了承ください。

eyes

目元の悩み

nose

鼻の悩み

lips

口元の悩み

faceline

輪郭の悩み