予約ボタン
Instagramアイコン lineアイコン ショップアイコン youtubeアイコン サロンアイコン tiktokアイコン

エピジェネティッククロック(生物学的年齢検査)

<p>体調お悩みは、疲れ、だるさ、食欲不振、ストレス、不眠、冷え、むくみ、便秘など様々です。元の状態や年齢によっても必要なアプローチは様々です。点滴、内服、再生医療を組み合わせそれぞれのお悩みに合わせて適切な施術を提案いたします。当院ではBIANCA METHODS(ビアンカメソッド)という独自の熟練技術と施術方法を用いて患者様の理想を叶えます。</p>

体内年齢の若返り

エピジェネティッククロック(生物学的年齢検査)とは、体の年齢を把握する方法です。採血による検査で体の老化度合いを測定し、エイジングケア治療の提案を行います。BIANCAクリニックでは、エピジェネティッククロックと併せてオーソモレキュラーの血液検査も実施。一人ひとりに合ったエイジングケアを見つけていきます。

治療の特徴

エピジェネティッククロック(生物学的年齢検査)とは?

 

エピジェネティッククロック(生物学的年齢検査)とは、体の年齢を把握する方法です。生年月日で決まる暦年齢が同じであっても、体の年齢は一人ひとり異なります。DNAのメチル化とは、メチル基がDNAに結合した状態のこと。DNAのメチル化が生物学的年齢に大きな影響を与えることは、科学的にも研究結果で示されています。血液のDNAのメチル化を検査し体の年齢を割り出すのが、エピジェネティッククロック(生物学的年齢検査)です。

 

エピジェネティッククロックとテロメアテストの違い

エピジェネティッククロックとテロメアテストは、どちらも生物学的年齢を測る方法です。

 

エピジェネティッククロックは、テロメアテストよりも世界的にも信頼されている生物学的年齢の測定方法で、メチル基がDNAについたり離れたりする変化をAIで認識し、生物学的年齢を正確に予測します。

 

対して、テロメアは染色体の末端にあり、染色体を保護する役割を担う構造体です。細胞分裂を繰り返すことでテロメアが短くなり、短いと疾病につながりやすいといわれています。テロメアの長さから遺伝子年齢を測るのが、テロメアテストです。

 

BIANCAのエピジェネティッククロック(生物学的年齢検査)が選ばれる理由

 

【1.一人ひとりに合ったエイジングケア治療の提案

 

生活習慣の見直しやサプリメントの摂取などによるエイジングケア治療は、効果が目に見えにくく目標値を定めにくいケースもあります。当院ではエピジェネティッククロック(生物学的年齢検査)により体の年齢を正確に割り出すことで、一人ひとりに合わせたご提案が可能です。

 

【2.科学的に信頼度の高い測定方法を採用】

 

テロメアテストなど細胞年齢を測定する方法はほかにもありますが、その中でも科学的に信頼できると考えられているのがエピジェネティッククロック(生物学的年齢検査)です。当院では、まだ日本では他多くのクリニックで取り扱いがない最先端の検査を用いて、生物学的年齢を測定します。

 

【3.採血してあとは結果を待つだけ

 

エピジェネティッククロック(生物学的年齢検査)の方法は、採血するだけと簡単です。採血後6~8週間ほどでアメリカから詳細な結果が届き、医師より結果をお伝えします。

こんな人におすすめ

自分の身体の年齢が知りたい

エイジングケアの効果を測りたい

エイジングケアの目標値を設定したい

エイジングケアの効果的なアプローチが知りたい


効果・メリット

生物学的年齢が把握できる

効果的なエイジングケア治療の戦略を立てられる


治療の流れ

問診票の記入:来院後、受付より問診票を受け取り、記入ください。

医師の診察・カウンセリング:コンシェルジュが悩みや要望を伺った後、医師が診察を行い、治療の流れを説明します。

採血:採血を行います。

結果:検査結果が出るまでの期間は6~8週間ほど。結果がわかり次第患者様に連絡し、来院いただいたのちに結果を提示。結果をもとに、ひとり一人に効果的なエイジングケア治療のアプローチ方法を提案します。


Q&A・注意事項

Q.

生物学的年齢とは何ですか?

A.

生物学的年齢とは、人の体を構成する組織や細胞の機能によって決まる年齢のことです。細胞年齢と言い換えることもできます。実は、暦年齢が若いと生物学的年齢も若いというわけではありません。老化のスピードは、生活習慣やストレスなどさまざまな要因に影響を受けて変動します。

Q.

エピジェネティッククロックを受けるメリットとは何ですか?

A.

生活習慣の見直しやサプリメントの摂取などによるエイジングケアは、効果が出るまでに時間がかかり、実感もしづらい面があります。その点、エピジェネティッククロックで生物学的年齢を知ることにより、エイジングケアが適したアプローチであるかを検証することが可能です。また、時間を置いて再測定することで、治療の効果を把握できるでしょう。治療を受ける前にエピジェネティッククロックを行い、生物学的年齢の目標値を定めるという活用方法もあります。

Q.

エピジェネティッククロックと併せて行われるオーソモレキュラーの血液検査とは?

A.

オーソモレキュラーの血液検査とは、栄養解析のこと。健康状態や不足している栄養素を分析できます。エピジェネティッククロックで生物学的年齢を把握したうえで、オーソモレキュラーの血液検査結果をもとにした食事やサプリメントのアドバイスを行うことにより、生物学的年齢を若返らせる医学的なアプローチを検討します。

Q.

生物学的年齢が若返る可能性はありますか?

A.

効果的なエイジングケアの継続により若返りできる可能性はあります。生物学的年齢は生活習慣や環境などに影響を受け随時変化するため、定期的にエピジェネティッククロックを行い、治療の効果を確認することもおすすめです。

アメリカのTruDiagnostic社にて製造されている未承認医療キットを医師が個人輸入し使用しています。
厚生労働省 個人輸入において注意すべき医薬品等について
https://www.yakubutsu.mhlw.go.jp/individualimport/healthhazard/
本治療で使用できる同一の性能を有する国内承認医療キットはありません。
国内未承認医療キットのため、重大なリスクが明らかになっていない可能性があります。

eyes

目元の悩み

nose

鼻の悩み

lips

口元の悩み

faceline

輪郭の悩み

ja Japanese
X